不動産屋はなぜ「怪しく」感じるのか?

こんにちは!

いよいよ年末が近づいて参りました。忘年会シーズンになってきましたね。

私は、つい先日、忘年会に参加してきました。今年1件目でした。

これから12月に入ると、みなさんも仕事に忘年会と忙しくなってくるんじゃないでしょうか。

 

今回は、不動産屋のイメージについて話したいと思います。

唐突ですが、不動産屋のお店って入りづらいですか?

なぜ不動産屋は怪しく感じるのか?どうしてでしょうか?

そう感じていらっしゃる方も少なくないんじゃないかと思います。

 

「強面の怖そうな人が出てきそう」とか、「しつこく営業されそう」とか、

昔のバブルの頃のイメージを持たれている人もいると聞きます。

 

私なりに推測してみると、いくつか考えられます。

昔は、地上げ屋と言って強引な手法で地主から土地を取得したりして大きくニュースになることも珍しくなかった時代もあり、

みなさんの記憶にも残っているんじゃないでしょうか。

さらに不動産業界は、給料体系的に歩合率が高かったために、強引でしつこい営業になっていたと思います。

また、職を転々とし流れ着いた先が不動産業界だったことも多く、当時はモラルの低い方も多かったんじゃないかと考えられます。

 

今はどうかと言いますと、確かに怪しげな不動産屋もゼロではないと思いますが、私の知る限り誠実な不動産屋が大半です。

昔のような手法が通用する時代じゃありませんし、ネット社会で、悪い噂はすぐSNSなどで拡散しますし。

また新卒で入社する不動産営業マンも増えていますし、昔と違って業界的にクリーンになってますよ。

 

路面店型のチェーン店も増え、明るく入りやすい、相談しやすい不動産屋が増えています。

もちろん、我々もそのような店舗づくりをしています。キッズコーナ―も完備していますし。(笑)

業界の怪しいイメージ払拭されていますよ。安心してご相談にいらっしゃってください。スタッフ一同お待ちしております。

女性

はじめての方もご安心ください。経験豊富なスタッフが、
物件探しのノウハウや資金計画まで丁寧にアドバイスさせて頂きます!

見るだけ聞くだけOK

電話で問合せ

通話料無料

0120-976-762

定休日:水曜日、第1・第3火曜日 、夏季、年末年始
営業時間:9:00-19:00 

ページトップ